残り4席!いのちを繋ぐ助産師の話を聞いてください。

いよいよ明日、「誰も知らなかった 助産師が伝えたい いのちを繋ぐ奇跡」助産師水本安由美の講演会となりました^^

前回の参加者はたった3人だったのが、明日は定員まであと4席となりました!

本当に嬉しいです^^

 

あなたは、産院で言われた言葉のひとつひとつの重みを知っていますか?

お母さんは、とっても尊い、素晴らしい存在なのに…

赤ちゃんは、とっても尊い、素晴らしい存在なのに…

「あなたのおっぱいは飲みにくいね」
「赤ちゃんのお口が小さいから難しいね」
「母乳だと体重増えないからミルク足そうね」

 

ほんとはそんなことないのに。

 

母乳ケアに伺うお母さんは、私が何も聞かなくても、全部自分が悪いという前提で話をされます。

「私の乳首が短いから…」
「私がうまく飲ませられないから…」
「ミルクに頼ってしまったから…」
「私が下手だから…」

自信をなくして、自分を責めているお母さんが本当に多いんです。

「あなたも赤ちゃんも素晴らしいですよ」と伝えるだけで、ポロポロ涙を流されます。

 

先日母乳ケアにお伺いしたお母さんは、「そんなこと誰も教えてくれなかった」とおっしゃっていました。

そう。

こんな話は、誰もしない。

だから、私が話します。

私は「繋ぐ」人だから!

まずは、聞いてください、そして、周りに話してください。

みなさんの協力が必要です。

 

<講演会の予定>

●11月30日 13:00~ 桑名市 サロン諸戸

●12月11日 10:00~ 四日市市 じばさん三重