⚫︎私物語…part1

こんにちは!

久しぶりのブログ更新です^^

先日、産後ケアでお伺いしたママさんに「水本さんは謎だらけです!」と言われました(笑)

あ、悪い意味ではなく、私のことを聞きたいけど聞いてもいいのかな?ということだったのですが、しっかり話したことがないので、書いてみようと思います♪

|私が看護師を目指した原点

1982年3月9日、サンキューの日に桑名で三人姉妹の末っ子として産まれました。

当時は、父の働く会社の社宅住まいで、ヘビやネズミが出るような家。

目の前の物置小屋のようなところは、雷が落ちたのか!?というような大きな穴が家の中に開いていて、扉や机がごちゃごちゃに放り込まれている不思議な小屋。

そんなところでした。

一番上の姉は、出産の時の医療ミスで身体障害者(知的障害もあり)で、施設に入所しており、末っ子の私は甘えん坊でしたので、母に付いて施設によく行っていました。

電車やバスを乗り継いで、バス停からも歩くので、かなり時間がかかりましたが、私はとっても楽しかったんです^^

施設に行くと、小さい私はみんなから可愛がられました。

私が「看護師になりたい」と思ったのは、たぶん、この頃の体験がきっかけだと思います。

その後の記憶はあまりなく…

お家を引っ越すことになった小2の最後、文集を書いた冊子がありまして、そこに書かれた将来の夢。

「看護婦さんになりたい」

でした!!

そう、私の夢は、小2のときから変わらなかったんです(≧∇≦)

そして記憶は更に飛び、中学1年生のとき、いじめにあいます。

仲の良かった友達が突然いじめをする側になりました。

廊下をすれ違うだけで「おい!」と大きな声で怒鳴られたり、指を指して笑われたり、「廊下に顔突っ込んでみろ!」と言われたり…

まぁまぁのいじめでしたので、泣いた日も多々ありました。

でも、冷静な私は、先生に名指しで話し、その子たちは先生に呼び出され、その日からいじめは無くなりました。

現代のニュースを見ていると、1人で抱え込んで自殺をしてしまう子がいて、なんともやり切れなくなりますが、

心の底から信頼できる大人、安心して相談できる大人が少ないのかもしれませんね…涙

子どもたちには、「闘う勇気」ではなく「相談できる勇気」を持ってほしいと思います!

私たち大人は、「相談してもらえる人」として、日常で子どもたちと関わっていかなくてはいけませんね!

ということで、中学までのお話でした^^

また続きをお楽しみに〜♪