母乳はどんな人でも出ます!

母乳はどんな人でも出ます!

…だって、哺乳類だから^^

「そうは言っても母乳が出ないこともあるんでしょ?」と思っていませんか?

 

では、「出産はどんな人でもできる」と言ったら?

 

「そうは言っても、産めない人もいるんでしょ?」と思いますか?

 

そう、産めない人もいますよね。

でも、その理由って明確です!

 

それは・・・

・子宮が無い ということ。

もちろん、不妊だったり、障害があったり、はあるかもしれませんが、根本的に産めないわけではないんですよね。

これは、

女性には【産むことができる身体と能力はある】

ということです^^

 

では、母乳はどうでしょう?

それは・・・

・乳房が無い 以外は、母乳が出るんです!

これは、

女性には【母乳が出る身体のしくみと能力はある】

ということなんです^^

 

その出産後の女性(お母さん)の身体の素晴らしいしくみを信じてサポートさせていただく。

それが、私の仕事です!!

私の口ぐせ…

「どんなおっぱいでも、100%母乳は出る。 どんな赤ちゃんでも、100%ママのおっぱいは吸える。」

 

助産師がそれを信じなくて、誰が信じてあげられますか?

母乳育児の専門家である私の想いを聞きに来てください^^

ー*ー*ー*ー
11月30日13:00〜 三重県桑名市
★誰も知らなかった「助産師が伝えたい いのちを繋ぐ奇跡」

 

出産に立ち合わせていただけた4年間に感謝しています!

こんにちは!東員町と朝日町で町からの委託産後ケア事業を行っている助産師の水本安由美です。

先日、4年間お世話になったクリニックの当直が最後の日を迎えました!

調べてみたら、ちょうど4年前の10月から当直をさせていただいていました^^

総合病院で働いていた時の先生が、クリニックを開業され、当直の助産師を探していると言う知らせを聞き、ぜひやらせてくださいと入ったのが始まりです。

まだ子供が小さかったのもあり、月に2回と言う回数でしたが、お産に関わらせていただくことができたのはとてもうれしかったです!!

助産院を開業してから、私のお産に対する気持ちは、変わりました。

・出産をもっと自然なものに

・もっとお母さんと赤ちゃんの力を信じて

・待つ

・寄り添う

この大切さがわかってきたことで、お産への関わりも変わってきました^^

一生に何度もない出産。

その瞬間に関わらせていただくことを本当にありがたく思い、

「素晴らしい瞬間にしてほしい」

そんな思いでお産の介助をしてきました。

・出産直後のおっぱいを吸わせること

・今まで赤ちゃんを育ててくれた胎盤を見てもらうこと

・家族の時間を静かに過ごしてもらうこと

出産後には、そんなことを大切にしてきた当直でした^^

先生がクリニックでのお産を辞めると聞いてすごく寂しかったけど、また私にとっては1つのステップアップなんだなと思っています!

当直では調理さんが夜ご飯と朝ご飯を出してくれ、これも私の月2回の楽しみでした♪

もしかしたら、しばらくまたお産には関われないかもしれませんが、私を成長させてくれた4年間にとても感謝しています!

お産に立ち会わせて下さった皆さん、スタッフのみなさん、私を信頼して当直に呼んでくれた先生、4年間ありがとうございました^^

 

「何かを手放すと、何かが入ってくる」と言いますからね!

 

次の私のステージに何が待っているのか?まだまだ進化していきますよー^^



「3人産んでますが、一番心に残る出産でした!」

●「3人産んでますが、一番心に残る出産でした!」

こんにちは!東員町と朝日町で町からの委託産後ケア事業を行っている助産師の水本安由美です。

一生に数回しか経験しない、出産の瞬間に立ち会えることの喜びを丁寧に感じながら、お産の介助に向かっています!

91faa3ff9b9f512cc0f1206d856539fd_s

私の助産院では出産を取り扱っていませんが、信頼できる先生の元で当直をさせてもらい、お産に立ち合わせていただいています^^

月に2回なので、お産に立ち会うのは、年に10回あるか無いかです。

そんな中、先日取り上げたお一人のママから、こんな感想をいただきました!

○日の夜出産しましたが、担当してくれた助産師さんの対応に心から感謝します。

胎盤を見せてくれたり、出産後の子宮のマッサージや、のどが渇いている私にお茶をくれたり、3人産んでますが、一番心に残る出産でした!

スムーズに陣痛中も対応してくださり、希望日に早く産むことができ、本当にありがとうございました。

 

ありがとうございます!!!^^

もう、こんな感想をいただけたら、涙が出ます。

人生に数回しかない出産だからこそ、丁寧に、心を込めて寄り添います。
 
 
陣痛中も、不安や恐怖ではなく、赤ちゃんと陣痛、お母さんの呼吸を合わせて、出ようとする自然な流れを感じられるように声をかけ、触れます。

出産の瞬間は、必ずお母さんに見てもらいます。

出産後は、すぐにお母さんの胸に抱いてもらいます。

家族の時間を大切にしてほしいので、必要以上に話しかけません。

おっぱいを含ませます。

ed64e541cd51d4225bc1edfe140e33f8_s
胎盤さんを見たいか聞いて、見てもらい、ありがとうを言います。

そこには、緊迫感ではなく、出産のエネルギーの高まりを感じて、自然な流れで、幸せな空間に包まれる感覚…
 

施設内分娩が99.8%となっている現在。

それでも、私はできるだけ自然に介助をしたいと思っているんです。

こんな風に思ってくださったなら、本当に助産師として、胸が熱くなります^^

「本当に、あなたに取り上げてもらえてよかったです!ありがとうございます!
妹も、もうすぐ出産なんです。あなたにあたったらいいなぁ。」

と言ってくださいました^^

これからも私はとことん助産師をやっていきます。

 

今日もどこかでいのちが誕生してる…

おめでとうございます☆