●乳腺炎の予防にも最適!授乳中におすすめの「ごぼう茶」

こんにちは。母乳の悩みを解決する妊娠中~産後の母乳育児相談室:助産師の水本です。

母乳育児をしていると、

・急に熱が出た
・おっぱいが赤く腫れている
・強いおっぱいの痛み
・身体のだるさ

 

という症状が出るときがあります。

これは、乳腺炎といって、乳房に炎症がおきている状態を言います。

 

 

乳腺炎は、

・母乳の流れが悪くなったところに、傷などから菌が入って起こる場合
・母乳がうまく流れられないことで、体の反応として熱が出る場合

 

があります。

いずれにせよ、乳腺炎ってほんとにつらいですよね。

できれば、乳腺炎にならずに、母乳育児を続けていきたいとみんな思うはずです。

そこでオススメなのが、「青森ごぼう茶」です!

 

青森ごぼう茶は、ノンカフェインで飲みやすく、飲み続けることで、乳腺炎の予防に効果があります^^

なぜ、ごぼう茶が乳腺炎の予防になるかというと、ごぼう茶の効果にポイントがあります!

①血液をサラサラにして、炎症を抑える

②血行を促進し、身体を芯から温める

③腸内環境を整え、便秘を改善させる

 

母乳は血液からできているので、このような、ごぼう茶の効果が、乳腺炎の予防になるんです!

青森ごぼう茶のおすすめのポイントは、

 

安全・安心

 

きめ細かく旨味が自慢の青森県産ごぼうを100%使用! 

原料は、ごぼうのみ!

保存料や着色料などの食品添加物は一切使用していません。 

ノンカフェインなので、安心して飲めます^ ^

 

簡単で美味しい

 

青森の風土が育んだ、良質のごぼうだけを使用しており、焙煎が効いた香り豊かなごぼう茶です。

煮出す必要はなく、お湯を注ぐだけで、OK^^

水出しでも、風味豊かなごぼう茶が楽しめます!

 

お得で無駄ナシ

 

少量の茶葉で、たくさん飲めちゃうんです♪

なんと!

大さじ1で1.5リットル作れちゃいます!!!

さらに、お茶を入れた後の茶葉(出がらし)は、そのまま料理に使えます!

冷凍しておけるので、ある程度たまったら、炊き込みご飯に入れてもいいですね^^

 

私がオススメする「青森ごぼう茶」は、ふわり助産院でも買うことができます。

講座や出張時に持参することも可能ですので、買いたいという方は声をかけてくださいね^^

 

それでは、「青森ごぼう茶」の詳細です。

 

【商品】
青森ごぼう茶 40g
(茶葉タイプ)

【価格】
1,320円(税込み)

【送料】
全国一律 500円

【お支払い方法】
銀行振込、クレジットカード

【ご注文】

青森ごぼう茶のご注文は、こちらのメールフォームからお寄せください。

 

【特定商取引法に関する表示】

●授乳中のママさんに、たけのこ注意報!

こんにちは!東員町と朝日町で町からの委託産後ケア事業を行っている助産師の水本安由美です。

毎年この時期になると、旬のたけのこをたくさん近所さんとかでもらうことが多くなりますね^^

おいしい春のたけのこですが、授乳中のママさんにとっては少し要注意してほしい食べ物です!

というのも・・・

ここ1週間位の母乳ケアのママ達

「今までこんなに詰まったことがなかったのに・・・」
「痛みがあります・・・」
「ガチガチになりました・・・」

というヘルプを受けてケアにお伺いすると、乳腺が詰まって痛みのあるしこりができていました(涙)

私はほとんど食事の事は言いません!(母乳ケアを今まで受けたママさん達そうですよね?)

毎年この時期になると、「たけのこを食べておっぱいが詰まった」と言う方が多いので、この時期だけは、話の中で「たけのこはあまり良くないんですよねー」と話したりします。

そうすると、「笑!たけのこ食べました!たけのこをいただいたので毎日食べてました!」と言われるのです(笑)

実は、詰まりで呼ばれた母乳ケアのママたち、3日~1週間、毎日たけのこ料理が続いてました!汗

 

 

たけのこ注意報!授乳中限定♥

 

たけのこでのつまりがあまりにも連続で続くので、ちょこっと注意報出そうと思います!

授乳中のママさんは、

①たけのこいただいたらさらにしっかりとアクを抜くこと
②ほんの数口だけ美味しくいただくこと
③連日食べないこと

を気をつけていて下さい!

知らずに食べてしまって詰まった時は、痛みを伴うしこりになる危険性がありますので、早めに母乳ケアに呼んでくださいね!